自動車保険・火災保険・傷害保険・医療保険・生命保険のことなら、埼玉県所沢市の保険代理店アイテックにお任せ下さい。
トップページへ お問合せ資料請求

トップページへ

個人のお客様
法人のお客様
ご契約者様
会社案内
お問い合わせ
リンク集
インターネットでのご契約
 
保険用語集
 
 
 ■保険用語の解説(五十音順)
 


過失相殺
損害賠償額を算出する場合に、被害者にも過失があれば、その過失割合に応じて損害賠償額を減額することです。

契約者配当金
積立保険(貯蓄型保険)の積立保険料について、保険会社が予定利率を上回る運用益をあげた場合に、満期返戻金とあわせて保険会社から保険契約者に支払われる配当金のことです

契約の解約・解除
保険契約者または保険会社の一方の意思表示によって、契約の効力をなくすこと。なお、多くの保険約款においては、解約・解除は契約の当初まで遡らず、将来に向かってのみ効力を生ずるものとされています。

契約の失効

一定の条件に該当することにより自動的に保険契約が効力を失い終了することをいいます。具体的な例としては、保険契約を結んだ後、保険の対象(たとえば火災保険における建物)の全部が滅失したときなどには、保険契約は効力を失います。

告知義務
保険を契約する際に、危険に関する重要な事項として、保険会社が告知を求めた項目に対して事実を申し出る義務をいいます。



再調達価額
保険の対象と同等の物を新たに建築あるいは再取得するために必要な金額です。この再調達価額から経過年数や使用損耗による減価を差引いた額が時価(額)です。時価(額)を基準にして保険金を算出する保険のほかに、火災保険の価額協定保険や新価保険などにおいては、再調達価額を基準にして保険金を算出します

質権設定
保険金請求権等の質入れのことを略して「質権設定」といいます。火災保険において多く行われており、保険の対象(たとえば火災保険における建物)の上に担保物権を持つ者(たとえば抵当権者)の債権保全の手段の一つです。

支払備金
決算日までに発生した保険事故で、保険金が未払いのものについて、保険金支払いのために積み立てる準備金のことをいいます。

時価(額)
同等の物を新たに建築あるいは購入するのに必要な金額から使用による消耗分を差し引いて算出した金額です。

自己負担額(免責金額)
一定金額以下の小損害について、契約者または被保険者が自己負担するものとして設定する金額です。損害が発生した場合、免責金額を控除した金額を支払う方式と免責金額を超えた事を要件として、損害額の全額を支払う方式とがあります。

重複保険
同一の被保険利益について、保険期間の全部または一部を共通する複数の保険契約が存在する場合を広義の重複保険といい、また、複数の保険契約の保険金額の合計額が再調達価額または時価(額)を超過する場合を狭義の重複保険といいます。

責任準備金
将来生じうる保険契約上の債務に対して保険会社が積み立てる準備金をいいます。これには、決算期後に残された保険契約期間に備えて積み立てる「普通責任準備金」と異常災害損失に備えて積み立てる「異常危険準備金」のほか、積立保険(貯蓄型保険)においては、満期返戻金、契約者配当金としてお返しすべき、保険料中の払い戻し部分、およびその運用益を積み立てる「払戻積立金」「契約者配当準備金」があります。

全損
保険の対象が完全に滅失した場合(火災保険であれば全焼、全壊)や、修理、回収に要する費用が再調達価額または時価額を超えるような場合のことです。なお、これらに至らない損害を分損といいます。

損害保険料率算出機構
「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づく料率算定団体であり、平成14年7月に、損害保険料率算定会(昭和23年設立)と自動車保険料率算定会(昭和39年設立)が、統合し設立されました。火災保険、傷害保険、自動車保険等の参考純率、および自動車損害賠償責任保険、地震保険の基準料率の算出を主要な業務としています。

損害率
収入保険料に対する支払った保険金の割合です。保険会社の経営分析や保険料率の算出に用いられています。通常は、正味保険金に損害調査費を加えて正味保険料で除した割合をさします。



大数の法則
サイコロを振って1の目の出る確率は、振る回数を増やせば増やすほど6分の1に近づいていきます。すなわち、ある独立的に起こる事象について、それが大量に観察されればある事象の発生する確率が一定値に近づくということであり、これを大数の法則といいます。個々人にとっては偶発的な事故であっても、大量に観察することによってその発生率を全体として予測できるということになります。保険料算出の基礎数値の一つである保険事故の発生率は、大数の法則に立脚した統計的確率にほかなりません。

超過保険・一部保険
保険金額(ご契約金額)が保険の対象とした物の実際の価額(保険価額)を超過する保険のことを超過保険といいます。保険契約者に故意または重大な過失がないときには、保険金額の減額のご請求により、保険料の一部の返還を保険会社に求めることができます。また、保険金額が保険価額を下回る保険のことを一部保険といいます。この場合には、保険金額の保険価額に対する割合で保険金が支払われます。(後半部分については「比例てん補」の項をご参照下さい。)

通知義務
保険を契約した後、契約の条件を変更しなければならないような事実が保険の対象などに生じるとき、保険契約者・被保険者が保険会社に連絡しなければならないという義務のことです。

積立保険(貯蓄型保険)
火災保険や傷害保険などの補償機能に加え、満期時には満期返戻金を支払うという貯蓄機能もあわせ持った長期の保険で、補償内容や貯蓄機能の多様化により、各種の商品があります。



被保険者
保険の補償を受ける人、または保険の対象となる人のことです。保険契約者と同一人のこともあり、別人のこともあります。後者の場合の保険契約を「他人のためにする保険契約」といいます。

分損
部分的損害のことで、全損以外の損害をいいます。

法律によって加入が義務づけられている保険
「自動車損害賠償保障法」に基づく自動車損害賠償責任保険(いわゆる自賠責保険、強制保険)、「原子力損害の賠償に関する法律」に基づく原子力損害賠償責任保険などがあります。

保険価額
保険事故の発生により、被保険者が被る可能性のある損害の最高限度額をいいます。保険によって時価額または再調達価額のいずれかを基準として保険価額を評価します。

保険期間
保険の契約期間、すなわち保険契約において保険会社が責任を負う期間。この期間内に保険事故が発生した場合にのみ保険会社は保険金を支払います。ただし、通常は保険期間中であっても保険料が支払われていないときには保険会社の責任は開始しないと定められています。

保険金
保険事故により損害が生じた場合に、保険会社が被保険者に支払う金銭のことです。

保険金額
契約金額のことであり、保険事故が発生した場合に、保険会社が支払う保険金の限度額です。その金額は、保険契約者と保険会社との契約によって定められています。

保険契約者
自己の名前で保険会社に対し保険契約の申込みをする人をいいます。契約が成立すれば、保険料の支払い義務を負います。

保険始期日
保険期間の初日、すなわち保険契約の補償の開始日をいいます。通常は保険始期日以降に発生した事故であっても保険料が支払われていないときには保険金は支払われませんので、ご注意が必要です。

保険事故
保険契約において、保険会社がその事実の発生を条件として保険金の支払いを約束した偶然な事実をいいます。火災、交通事故、人の死傷などがその例です。

保険の対象
保険をつける対象のことです。火災保険での建物・家財、自動車保険での自動車などがこれにあたります。



保険約款
保険契約の内容を定めたもの。保険約款には、同一種類の保険契約のすべてに共通な契約内容を定めた普通保険約款と、個々の契約において普通保険約款の規定内容を補充・変更・排除する特別約款(特約)とがあります。




満期返戻金
積立保険(貯蓄型保険)または月掛けの保険で、契約が満期まで有効に存続し、保険料の全額払込みが完了している場合、満期時に保険会社から保険契約者に支払われる金銭のことです。その金額は契約時に定められています。なお、保険の種類などにより満期戻し金または満期払戻金ともいわれています。

免責条項
保険金をお支払いできない場合について定めた条項のことをいいます。保険約款の条文に「保険金を支払わない場合」などの見出しがつけられています。


リスク細分型自動車保険
損害保険は、リスク(事故にあう確率と予想される損害の大小)に基づき保険料が決定されますが、このようなリスクをこれまで以上に細かく分けて保険料を算出する自動車保険のことです。
 
 




































 
Copyright (C) Itec Corp. All rights reserved. Powered by BIBI21.